名古屋のご当地風俗「キャンパブ」で仁王立ちフェラ体験レポート(店名:セーラー’S)

9月 19, 2019

メンズライフワーク調査団の陳快快(チン・カイカイ)です。

わたくし野暮用で名古屋出張に行く機会がありまして、せっかくなら「名古屋ならではの風俗を体験したい!」と思い立ち、いきり勃つ相棒を股間に引っさげて名古屋のご当地風俗「キャンパブ」に突入してまいりました。

キャンパブとは?

簡単に言うと個室のピンサロです。名古屋中心にピンサロのことをキャンパブと言うようです。
ちなみにキャンパブのキャンは「キャンパス」の略だそうで、学園系のお店が多いとか。

行ったお店は名古屋駅からほど近い「セーラー’S」というところ。

公式サイト:http://www.sailors.jp/

シティヘブンサイト:https://www.cityheaven.net/aichi/A2301/A230101/sailors/

キャンパブ「セーラー’S」体験レポート

入り口から階段を降りて入店します。
受付で料金説明と写真指名の有無を聞かれました。

指名したのは口コミサイト内でも美人と評判だったAさん。

コースは1番安いキャンパスコース30分をオーダー。
入場料込みで7000円かかりました。
(入場料って何だよ!遊園地じゃあるまいし…)

東京のピンサロの金額的には変わりありません。

料金を支払い、待合場でしばし小休止。

ここまでは何もピンサロと変わりありません。

しばらくすると洗面所に案内され、マウスウォッシュや制汗剤を使うことを指示されます。
関東のピンサロじゃここまでやらせないよなぁ。人が多くてオペレーション煩雑になりそう。

そしてプレイルームに案内されます。
ピンサロのように店内が暗くて爆音トランスも流れてないので逆に慣れない感じ。

部屋の中は薄暗く、暖色の間接照明の隣に簡易的な布団が敷かれてました。
飛田新地のプレイルームに似た雰囲気です。


↑まさしくこんな感じ。

布団の上に座り嬢を待つこと約2分、
セーラー服姿でAさんがやってきました!

よろしくお願いします~

おぉ!かなりの美人!東京のピンサロでも上位クラス。
かなりのスレンダーでおっぱいは残念でしたがそれを補って余りあるキレカワ美人!

芸能人で例えるなら、旧元気の押し売りことベッキーを和風美人にした感じです。

雑談を交え、プレイ開始!
キス→脱衣→フェラの流れで、サービスは至ってピンサロと変わりありません。

最短コースは主に受け身のコースになるのでおっぱい触るくらいしかできません。
(受付時に店員から説明があります)

そして布団に寝転がり、乳首を責めてもらいます。
ピンサロと違い完全に横になった状態で舐められるのでヘルスの感覚に近い。

乳首を舐められながら徐々に嬢の手が私のポコニャンに伸びてきて、乳首舐め手コキ開始。
あぁ快楽快楽。

このまま果てても良いのだが、ピンサロではできない個室を活かして周りの目を気にしなくても良いプレイはできないか?と考えた際にたどり着いたのが、仁王立ちフェラ!

ネットカフェのようにブースで仕切られてるピンサロだと立ち上がれないですからね。

嬢に仁王立ちフェラを要望し、すぐさま布団から立ち上がり僕のポコニャンをぶら下げました。

腰に手をあていきり勃つポコニャンを舐めさせ、とびきりの名古屋美人を見下す。
この征服感がたまらない。

Aさん、ただ咥えるだけでなく裏筋、玉舐めもバッチリしてくれてサービスが良いです。
人気嬢なのも頷けます。

そしてポコニャン暴発!そのままフィニッシュ!

ポコニャンの想いを口で受け止めてくれました。

キャンパブ体験まとめ、これから行く人へお伝えするポイント

最後に私がキャンパブを経験して感じたことをまとめます。

・ピンサロの方が同価格で過激なことができる

・個室のため、仁王立ちフェラなどピンサロでは出来ないプレイができる

・短いコースは基本的に受け身のサービスのため、責めたい人はロングコースを選ぶべし